本文へスキップ

ほんまもんラドン温泉ご提案。 旅館 中屋


電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0858-43-0859

ラドン温泉radon

ラドン温泉

放射能泉は多くが色も匂いもなく、肌触りも普通の湯とさほど変わりがありません。
放射能泉は温泉分析表の数値がすべてです。温泉法では摂氏25度以上でラドン含有量が20(百億分の1キュリー単位)以上と定められています(30以上が療養泉)。
  20×10-10ci/kg (キュリー)  = 5.5 ME (マッヘ単位) =  74 Bq/l (ベクレル単位)

  30×10-10ci/kg (キュリー)  = 8.25 ME (マッヘ単位) =  111 Bq/l (ベクレル単位)

 単純弱放射能泉・含弱放射能泉のラドン含有量は8.25マッヘ単位/kg以上50マッヘ単位/kg未満
 単純放射能泉・含放射能泉は50マッヘ単位/kg以上となってます。

他の温泉と違い放射能泉と炭酸泉は配湯・加温のロスがある温泉です。ラドン泉では含有量ロスが数十メートル鉄管配湯で1/3程度に20度から60度の熱変換加熱で1/5とかの話を聞きます、あくまでも温泉分析表は泉源の含有量で足元湧出以外の浴槽では数値が著しく変わります、そんな特性を持った温泉です。鉱泉に近い温度のラドン泉多いですが加温しないで入る方が放射能泉としては良いです。

玉川温泉の岩盤浴は有名ですが高い放射線数値はラジウムを含む北投石があるからで温泉自体は放射能泉でないそうです。三朝にも放射線異常数値を示す場所があります、岩盤の盛り上がりでラジウムやウラン鉱石が地上近くに現れたものだと思われます。放射線量が高いのはそのためであくまでも放射能数値であって放射能泉成分とは異なります。
日本の被ばく規定年間1ミリシーベルトから考えると瞬間放射能線量0.11マイクロシーベルト/h以下が安全値になります。
放射能泉としての効能は温泉部分を除き放射能で考えると細胞の破壊と再生になります。安全性は分かりませんがこの地で過去十数代続く家系なんで問題は無いと思います。

三朝温泉の凄い所は、高含有量の高温度放射能泉(ラドン温泉)であることです。
現在の三朝温泉を浴槽ごとに考えると大半が放射能泉レベルに達してないと思われます、しかし癖のない無色透明柔らかな温泉は変わりないです。

それでは一時世界一のラジウム温泉と言われた三朝温泉どこに高含有量のラドン泉があるの?って話ですが三朝では過去に地質を含めすべての泉源の調査をしてます(昭和11〜54年)。当館の泉源とパブリックな場所の他高含有量源泉の紹介をします(数値については三朝温泉誌参照)。現在無くなった泉源や現在数値に違いがあるかもしれませんが放射線含有量は多少減少程度ですので。。 

 源泉名  知覚的試験  泉温 ラドン含有量   湧出量  備考
 源氏の湯 無色透明無味無臭 65.1℃  129.0キュリー   9.3L/min  
 平家の湯 無色透明無味無臭  58.7℃ 233.0キュリー 22.4L/min トロンも200キュリ含
 おんどるの湯 無色透明無味無臭  65.2℃ 366.0キュリー  1.17L/min  

源氏の湯自然湧出                                 平家の湯自然湧出

店舗写真       店舗写真      店舗写真


それでは、三朝温泉の名を世界に知らしめた「ひすいの湯」他に三朝町三朝区配湯源泉と200×10-10ci/kg以上の高含有量の源泉をご紹介します。(廃業旅館源泉省く)加温・配湯は分かりませんが源泉内容になります。

 源泉名  性状  泉温  ラドン含有量 湧出量   備考
 ひすいの湯  無色無臭 44℃  1149.0キュリ  7.0L/min  現在なし 
 山田共浴 無色無臭  39℃  644.0キュリー  0.25L/min   
清流荘(厚生) 無色無臭弱鹹味  40.8℃ 378.0キュリー  8.2 L/min  
 渓泉閣 無色無味無臭  32.5℃  366.1キュリー  11.6L/min   
 岡大分室前  無色無味無臭 50.6℃  303.0キュリー  4.9L/min   
 西藤館ルリ 無色無味無臭  46.2℃  371.0キュリー  12.5L/min   
 西藤館ホウオウ  無色無味無臭 47.7℃  327.0キュリー  11.6L/min   
 岩湯(離れ)  無色無味無臭 39.2℃  267.0キュリー  11.6L/min   
 町源泉混合タンク 無色無臭微塩味  65.9℃ 39.5キュリー  229.0L/min  現在数値 
 株湯(配湯用) 無色無味無臭  47.0℃  46.2キュリー  116.0L/min   



飲泉

飲泉は、新泉が基本です。店舗写真
当館では、シャワーをはじめカランのお湯部分に温泉を使用しています。
飲泉許可を取っていますので必要な方はお申し出下さい、お食事処で汲みます。
持ち帰り等も出来ますのでポリタンク等お持ちになれば無料にてお分けしています。(レジオナル菌数値 0 )


他の飲泉場等での60℃以下の配湯泉の場合レジオナル菌その他混じる可能性がありますご注意下さい。


店舗写真

information店舗情報

旅館 中屋

〒682-0123
鳥取県東伯郡三朝町三朝855
TEL.0858-43-0859
FAX.0858-43-0866
→アクセス